ブログについて

最先端の「化学」ではなく「科学」。それに「工学」と「医学」の最新技術を悪用した、テクノロジー技術(もはや完全に兵器と言えるもの)が使用され、「無意識化に介入」され、「人体操作される」だけでなく、「24時間365日体制で睡眠をも攻撃され、直接的に人体攻撃」が行われる、「一時的な怪我」「ガンまで発症させることができる」「脳や心臓を攻撃して一瞬で殺害することもできる」、「地球の裏にいる標的にも攻撃が可能な衛星のような遠隔技術」が使われる、「ミリ・コンマ」という精度で犯行が実現する「国家のトップレベルの技術、規模、資金が投入されて実行される国際的な組織犯罪」です。また、この国家組織犯罪において「ギャングストーカー」と呼ばれる「通称集団ストーカーと自作自演で名称がつけられている」犯行の特徴があり、「日本に存在する文化庁が管理している全ての宗教組織、および宗教徒」が動員されて、「被害者の全ての行き先、道中、所属先」で「ギャングストーカー(虐殺=社会空間の中で公開処刑する)」が行われます。

私は「無宗教」母は「曹洞宗」です。
特に、私の被害における「虎ノ門クロス唐澤恒心教」のキャラ設定は「私が無宗教」「2009年4月30日の暴力団40名による歌舞伎町集団暴行事件のときに間に入った虎ノ門総合法律事務所」にリンクさせている悪質なリアル炎上ほのめかし集団ストーカー犯罪の一つです。それに「後藤健二首切り殺害ニュース(集団暴行事件では顔面だけ1時間40名によって延々と蹴られるという事件内容+兄の実名が後藤健児で同じ集団に1998年頃に二子玉川の店前でリンチされたが警察にも病院にもなぜか行かなかった事件および2009年の事件の翌日に父と兄が遺棄して逃走)」した事実とリンクさせられる「ようは俺らは最初から自演で犯罪に加担してたんだぞ」という告知でしかないわけです。これの説明が「何も知らない他人が聞いて最も理解しやすいカルト事件の一つ」です。こんな偶然あるわけないでしょ?「全てにおいて偶然しか重ならない」という手口が使われるのです。

例えばここで言う偶然とは、10回に1回の確立などではなく、10000回に1回もないだろう。という現実が重なります。例えば、1日24時間を1秒にしたとき86400秒となりますが、すれ違い様を狙って行われる犯行の一つをとっても、まず、86400/1となります。さらにそこをその時間そのタイミングで「自分」以外の「相手」も通るわけですから、かける2の172800/1でしょう。これが基本的な考えになり、この確立だけでも、毎日重なって行われる訳なので、「偶然」であるわけがありません。

さらに、上記の集団暴行犯罪などというレベルにおいて相手が同じ、さらに名前が同じとなれば、さらに確立は日本に存在する特定の人間に限定されるわけであり、それは偶然ではありません。(偽名で湧いて出る炎上のための犯罪者はここには含まれません)

被害者の自宅、行動範囲、移動の導線、目的地、所属先、病院やトイレに至る全ての場所で、ピンポイントで行われる犯罪が「偶然」なわけがないのです。

ましては、私はいじめられっこで育った訳(真逆でしたが)でもなく、メンタルに問題があるはずもなく(あったらスポーツは一切できません=主将として部活を管理し、その後プロレベルまで行ったあと、研究者として研究も行っている)、すでに統合失調症としてカルテを記載されている(しかも母と私二人が=母も真逆の受付嬢という接客業がメイン=メンタルなわけがねえだろ)まで判明しており、「冤罪でしかない国家犯罪被害者」であるわけです。

さらに政府が公式情報として報じるニュース等の事件事故、それらに似た被害ばかりが起こるという事実にしか遭遇しない人生を歩まされている「強制的に歩まされている」という事実が判明します。

それは上記「後藤健二殺害ニュースにおけるISIS?当て字にすると1313」がなんと「自宅の電気ガスのメーター番号だった」さらに「不動産の登記所の番号まで一緒だった」という事実から、さらに判明するわけです。

偶然なわけがねえだろ?自らが選べないものが全てそれに該当していた。という事実が書面でも写真でも残されている。というか、実際に建物の器具にも書かれている。役所の登記上の番号で割り振られているわけです。つまり、家を購入した30年前から、この犯行を行うことが計画されていたという事実が判明した。という事実です。

以下、他の被害者とされる人、組織、関連するもののネットで見れる情報を並べます。
「公開処刑が主たる手口」なので「炎上なりすまし」で「事実を歪曲」させている人もいます。
特に、警察によるリンチ、政治家による自宅前および行動範囲内の集団ストーカー行為も日常化してますので、それらから発信されている情報は基本的には「犯行声明」であり「実際の犯罪の事実をわざと小出しにして、過小に回答してますが、似た事実を述べています」という特徴が見えてきます。
こいつらが「虐殺」に「宗教を利用しているだけ」の「カルト国家犯罪集団」です。
例えば「それが宗教でなくても良い訳」ですが「執拗な執着心を持って宗教にこだわって」炎上させています。
それらは、神社宗教を文化庁が管理しているところからもわかるでしょう。つまり、全国民の宗教を把握しているわけです。そしてその宗教徒でも熱心なカルトをこの国家犯罪に動員し、集団ストーカー行為を行わせています。つまり、行うことにより「お布施=宗教組織内で高い身分となる」わけです。このシステムが犯行を助長させています。
また、国家が「戦争ビジネス」を「メディアを支配し操作して」行っている事実でしかありません。
なぜならその全ての許可を出す機関は警察だからです。
だから、この犯罪においてメディア特にテレビが利用されて、被害者をなんと他殺した後も永久にさらし者としています。私の母がその被害者です。

これらを前提に以下を参照下さい。


被害者組織が発刊している本

1 テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
2 集団ストーカー認知・撲滅


被害者組織
*どの団体も右翼のような街頭宣伝活動をやっているようです。
*この犯罪は「国際条約、国内法においても戦争兵器の民間人への利用はすでに禁止されている」ため街頭宣伝など行う必要はありません。2011年あたりからどの団体も街宣活動を開始しているようです。被害者を危険人物、精神病院への強制措置収容への誘導が容易になる流れを自ら作っている点が不可解な団体、行動になります。(だからと言って一人で行動すると、そんなことはあるわけないだろ?頭おかしいんじゃない?と同じ誘導から強制措置入院されます。つまり、どちらにしても強制措置入院される。というのがこの犯罪の被害者の道になります。これからもわかる通り、その決断を下す、警察、監察、検察、都知事が、この犯罪に主体的に関わっている可能性があるということがわかると思います。また、他殺で殺されるので検死もこの国家組織犯罪に関わっています)

1 NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク
  公開映像資料
2 非営利団体 組織ストーカー電磁波犯罪被害の会
  公開映像資料
3 集団ストーカー 防犯パトロール ACP
  公開映像資料
4 日本が危ない カルト集団を根絶する会
  公開映像資料
5 集団ストーカー 被害者の会
  公開映像資料
6 全国被害者 - テクノロジー犯罪・集団ストーカー リンク集


似たような犯罪について告発する被害者団体以外の人
*劇場型特殊詐欺の手口と似た演出になっています(マッチポンプ、自作自演、本末転倒)
*この組織犯罪の悪質性がここからもわかります

1 創価学会の集団ストーカーを 国会で追及する亀井静香
2 矢野絢也氏「僕が創価学会を訴えた理由」 その①
3 警察の裏金問題を死をも覚悟して告発!!愛媛県警の元警察官、仙波敏郎氏大いに語る!
4 2015.2.14 大河原宗平大阪講演会~警察が何故集団ストーカーをするのか?~【 前編】


この犯罪被害者が置かれる状況
1  恋人との離別工作
2  友人との離別工作
3  家族との離別工作
4  学校、職場での集団ハラスメント
5  退学、退職へと追い込む
6  所属先、家での孤立化
7  完全孤立化
8  一気に集中的に犯行を悪化させる(9で知らされない場合、ここで突然死、自然死、扱いで他殺されます)
9  犯罪被害をあえて知らせる(これでこれまでの人生における不幸の連続、不可解な出来事の連続の理由が判明します)
   知らせるやり方は「警察によるリンチ(後藤健二殺害ニュースで流れた頭からかぶせられる拘束具と似たものがかぶせられてリンチされて撮影された)+テレビによる撮影(警視庁裏に事前に待機していたテレビカメラ部隊5名弱がいた=そこを通ることを事前にわかっていた=冤罪逮捕する場所が決められていたという事実=犯罪の被害の証拠を全て持って警視庁に向かった直前で逮捕)+犯罪被害の届け出に行き、冤罪で逮捕、強制措置入院」が行われることから始まります。
   また、どこに行っても執拗にテレビ制作会社の車と、撮影部隊に集団ストーカーされる被害に遭遇します。(局の違いはありません、全て登場します)
10 絶望と恐怖に叩き落とす(執拗に自宅、目的地への道中、「生きるための食べ物を買いに行く行き帰り」「交差点、車内、改札口、階段の上や下、建物の下、出入り口」「なんと便所の中までつきまとい、隣に入ってまで」に執拗に行われ始めます。=クロス唐澤恒心教というネットの炎上まで自作自演する犯行声明を堂々とあげる狂気の国家犯罪集団であることが確認されます=警視庁サイバー担当者の自演)
11 国内の警察以外全ての適所へ被害届、救済の申し出に行く
12 全ての場所で門前払い、拒否される(この時点で国家犯罪であることが明確にされます。)
13 弁護士まで集団ストーカー行為に参加する(証拠写真あり)
14 冤罪によって書類送検、留置が行われる(証拠は全て、「偽証」および「ねつ造」されます)
15 犯罪が継続出来なくなるので、実刑を与えず不当に勾留を延長し、結果釈放し、そのまま強制移送して強制措置入院を行う
16 人生の貴重な時間を奪われる。もちろん仕事もこれで失う。(自宅内および所属先の電化製品全てが誤作動し、操作不能になります)
17 完全に社会的に抹殺される
18 再就職が永遠に完全妨害されアルバイトさえ書類が通らない(20歳以降2000社は受けてますが働けていないことが答えです。うち2014年以降の800社は履歴を保持)
19 たとえ学歴があっても1つも受からない(修士卒の体育会出身者がアルバイトの書類さえも返ってこないのです。もちろん電話しても担当者不在とされて永遠につながりません。)
20 充分な職歴があっても1つも受からない(この犯罪に被害者のスキルは一切関係ないです。自国の母国語さえもが通じない対応が行われる被害にも遭遇します。または担当者不在、面前で無視が永遠に続きます。)
21 ただ生きてるだけの状態に陥れ、犯罪を継続し24時間遠隔技術によって人体攻撃を続ける(自宅内でも所持している携帯電話でも全て誤作動が続くだけでなく、回線も遮断されます)
22 生活の中で偶然に偶然が重なる手口で犯行を永遠に続ける(犯行組織の目的は、公開処刑、虐殺です)
23 いつ、どこに行っても、必ずパトカー、救急車、消防車、ヘリコプター、自転車や徒歩の警察官、警察との癒着があからさまな警備会社全てが、1日に複数回、移動先全てに登場します。
24 また、待ち伏せしている警察官が職務質問を執拗に笑いながら繰り返す、いきなり恫喝する、背後から自宅までつきまとうを繰り返します。
25 これらの全過程で「テクノロジー犯罪による冤罪の誘導(文句を言った瞬間に「公務執行妨害で逮捕」)」「きっかけ」が作られます(突然死、事故死、自然死扱いで最終的には殺害されます)


というようなプロセスが永久にループします。
特に、肉親の買収が最も最初の段階で行われます。(「強制措置入院制度」が主軸として「国家犯罪集団の警察が手口として利用する」ために「家族」が最も最初に買収されます。)

そして、学校・職場で連続する一つも普通の犯罪ではない、異常な集団ハラスメントが発生します。
全てが「そもそも異常集団の異常犯罪なので一つも通常の社会理念が通じる犯行、手口は使われません。」これが特徴です。

これがこの「今世紀最大の国際的な組織犯罪を日本政府、日本の警察が行っている事実の概要」です。
この手口が使われれば(私と同じ手口でやられれば)どんな職業、どんな地位や財産のある人間だとしても、1日で仕事を失い、1ヶ月冤罪で拘束され、牢屋か病院に収容されて、永久に社会的な名誉と仕事だけでなく、人間としてのそもそもの尊厳の全てを一瞬で失います。

そして、全ての知人と肉親も、逃げる。という事実に直面します。
さらに、金をつかませられた知人と肉親によって、さらなる被害(罵倒、偽証、偽装、ねつ造、裏切り)の犯行が実行されます。
特に全てにおいて、わざと、持ち物や身なり、仕事がその人物では買えないもの、かねてより話していた仕事、買えない不動産までを得ます。
そこで明確に裏切ったことがわかる仕組みになっています。

実際に、私の被害では、所属した全ての学校、職場が直前直後に、立て替えられています。(数百億円レベル=建物=電気ガス水道も含まれる)
さらに、裏切った父、叔母、祖母も不動産を手に入れているだけでなく、異常な現金を持ち(数十億円レベル)、数十年行動していました。

これらの国家犯罪の告発ブログです。



スポーツ写真家のポートフォリオ

ツイッター @K5K1313 奪われた世田谷区上馬の不動産物件の住宅番号を引用しています(1313=ISIS=カルト日本政府の自作自演犯罪の事実です)


ポートフォリオサイトの補足としては、現場における集団ストーカー犯罪、および関連資料のデスクトップピクチャも多数含みます。特にヘリコプターと八百長、故意のミスプレーに注目。当然ですが基本的に美しい全力プレーを目的として現場に行ってますが、残念な事実がそこにあるだけの結果です。テクノロジー犯罪の被害により、ピントが前後逆に合ってしまっている製品の性能ではないような、写真も「特に売り物となる二度とない試合やプレー」において、遠隔科学兵器の被害により発生していることがわかると思います。

ツイッターの方は、基本的に「生活保護」ですので、写真や映像を添付するのは極力控えています。相当むかつかされたときはアップしています。コジキに追い込み、コジキをリンチし、母の死をあざらわう発言も集団ストーカーに隣に来て、笑いながら話されます。リンチされたときのモノマネもやられます。また、科学兵器の被害で、歩けなくされたときは翌日に「同じ格好をしてはいつくばるモノマネ」をしたガキが登場し、呼吸を停止させられれば「目の前でにらみつけならが永遠とゼーゼーハーハーモノマネを」をするガキまで登場します。特にガキは親が数メートル横にいてダッシュで近寄ってきて数分行ってから逃走します。ガキは物心がついたばかりの幼児まで使います。また、私の被害は幼児から老人まで全ての年齢層、男女一切関係なく犯行を実行していますので、これが答えです。そんな集団は「宗教組織」しか、この世にはありません。答えは私と一緒に歩けば1分でわかります。私の個人情報を知らないやつがすれ違い様につぶやきますので。(しかも幼少時や母のこと父や兄のこと、サッカーのこと、元恋人との詳細の内容、いつオナニーしたか、いつうんこをしたかまで=トイレの中まで来て隣に入ってほざくパターンまであります)また、全スポーツ会場における客を見れば、一目瞭然でよくわかります。もはやこの時点で、二度と回復できる「人間としての生活と尊厳がない」ということは誰でもわかるでしょう。日本における宗教徒だけでなく、外国の支部でも共有されており、「どれだけ惨いこと、惨い殺し方ができたか」が国家間で競われます。日本だけでも文化庁が公開する宗教徒の人数は「1億8千万人(下記リンク35ページ)」です。日本の人口は「1億2千7百万人(下記リンク)」です。つまり、人数が合いませんが、日本の場合死んだら警察が自動的に葬儀屋まで手配します。=全国民が宗教徒である。ということになりますが、熱心に会合などに参加している割合が、この「集団ストーカー犯罪の実行犯」です。つまり、半分はいないとしても1/3は、いるだろう可能性が濃厚です。「4000万人がカルト警察および国内公務員に加えた実行犯の人数」です。うち、東京都における比率を出すと、927万人の1/3ですので、309万人になります。309万人にリレー方式で、学校の授業中でも仕事の勤務時間中でも、「集団ストーカー行為が最優先されて招集、指示がカルト警察よりより、携帯電話とメール、ラインでまわってくる」そして、ターゲットの1名が包囲されるわけですので、それは「戦争よりも惨い状況」になる。ということが、ガキでもわかるでしょう。その現実の写真と動画を、見ればよくわかると思います。撮影中「楽しそうに携帯電話を凝視して執拗に見てすれ違う連中、としかすれ違っていない」ということが「私との距離」「顔の角度」「すれ違い様に必ず1アクション入れる」ところから「理解できる」でしょう。また、パトカー・救急車・消防車・ヘリ・カルトナンバーが、曲がった瞬間、昇った瞬間、出た瞬間、信号待ちの瞬間に「タイミングを合わせて1秒もずれずに登場」している。ということもわかるかと思います。また、それらが執拗に撮影時間の「記録時間(合計何分のうちどこで登場しているか)、撮影時間(合計何分撮らされたか=出てくる消える停止ボタンを押す全てが人体操作の脳ハッキングにより行われている証明)」に注目してください。カルトナンバーが並びます。私一人でそれが調整できるはずがないことはわかると思います。


そして堂々と「あたかも当然かのような態度と言動」をしてからゆっくりと「笑いながら」逃走される毎日ですので、日本の警察によりリンチ、警察が雇った暴力団によるリンチ、この2つの事実を基本として、この犯罪集団には「法律」など適用する必要はないでしょう。全て不法行為でリンチが行われます。これが日本政府の国家犯罪の事実です。

[PR]
# by 5k1313 | 2014-04-01 00:00 | ブログについて

国際条約と国内法

以下に該当する国際条約違反、犯罪行為について列挙します。
国内法規以前に、国際条約違反として全て該当していましたので、以下にリンクを記述しておきます。
条約名をクリックして詳細はご確認下さい。

__________________________________


第五条 b 人道に対する犯罪
第五条 c 戦争犯罪
第六条 b 集団殺害犯罪 身体又は精神に重大な害を与える *個人・家族に対する
第六条 c 集団殺害犯罪 身体的破壊、生活条件を故意に課する *個人・家族に対する
第六条 d 集団殺害犯罪 出生を妨げることを意図する措置 *個人・家族に対する
第七条 a 殺人
第七条 c 奴隷化すること
第七条 d 住民の追放又は強制移送
第七条 e 国際法に違反する拘禁その他身体的な自由の著しい剥奪
第七条 f 拷問
第七条 g 強姦、性的な奴隷、強いられた妊娠状態の継続、強制断種、あらゆる性的暴力
第七条 h 政治的、文化的、宗教的な理由
第七条 k 非人道的な行為、身体又は心身の健康に対して重い苦痛、重大な傷害を与えるもの
第八条 戦争犯罪 a 1 殺人
第八条 戦争犯罪 a 2 拷問又は非人道的な待遇(生物学的な実験を含む)
第八条 戦争犯罪 a 3 身体、健康に重い苦痛、重大な傷害
第八条 戦争犯罪 a 4 不法、恣意的に行う財産の広範な破壊、徴発
第八条 戦争犯罪 a 6 捕虜、非保護者からの公正な正式の裁判を受ける権利の剥奪
第八条 戦争犯罪 a 7 不法な追放、移送、拘禁
第八条 戦争犯罪 b 1 個々の文民を故意に攻撃
第八条 戦争犯罪 b 2 民用物、軍事目標以外の物を故意に攻撃
第八条 戦争犯罪 b 16 略奪
第八条 戦争犯罪 b 18 疑似の考案物を使用
第八条 戦争犯罪 b 20 無差別的な兵器
第八条 戦争犯罪 b 21 個人の尊厳を侵害
第八条 戦争犯罪 b 22 強姦、性的な奴隷、強いられた妊娠状態の継続、強制断種、あらゆる性的暴力
第八条 戦争犯罪 b 25 生存に不可欠な物品を剥奪、飢餓の状態を故意に利用
第八条 戦争犯罪 c 1 生命、身体に害を与える
第八条 戦争犯罪 c 2 個人の尊厳を侵害
第八条 戦争犯罪 c 4 判決によることなく刑を言い渡し、及び執行する
第八条 戦争犯罪 e 国際法の枠組みにおいて、国際的性質を有しない武力紛争の際の法規の著しい違反 *a〜cと重複

__________________________________


第四条
第七条
第八条
第九条
第十条
第十七条
第二十三条

__________________________________


第二条 2−2
第五条
第六条
第七条

__________________________________


第一条
第二条
第四条

__________________________________


第一条
第六条

__________________________________


第二条 a
第十三条 b

__________________________________


第五条  無差別・法の前の平等
第六条  人種差別に対する救済
第十四条 個人および集団の申し立てと委員会の検討
第十五条 他の国際文書による個人の請願権
第十六条 他の国際文書による紛争解決

__________________________________


第一条  拷問の定義
第二条  拷問の防止
第三条  追放等の禁止
第四条  犯罪および刑罰
第九条  司法共助
第十二条 国内当局による調査
第十三条 国内当局への申立権
第十四条 救済よび賠償
第十五条 拷問による供述の証拠能力の否定
第十七条 拷問禁止委員会の設置
第十九条 報告制度
第二十条 調査制度
第二十一条 国家通報制度
第二十二条 個人通報制度

__________________________________


第一条 目的
第二条 用語
第三条 適用範囲
第五条 組織的な犯罪集団への参加の犯罪化
第六条 犯罪収益の洗浄の犯罪化
第七条 資金洗浄と戦うための措置
第八条 腐敗行為の犯罪化
第九条 腐敗行為に対する措置
第十条 法人の責任
第十一条 訴追、裁判および制裁
第十二条 没収および押収
第十三条 没収のための国際協力
第十五条 裁判権
第十八条 法律上の相互援助
第二十三条 司法妨害の犯罪化
第二十四条 証人の保護
第二十五条 被害者に対する援助および保護の提供
第三十二条 締約国会議
第三十五条 紛争の解決

__________________________________


第二条 目的
第三条 用語
第四条 適用範囲
第五条 犯罪化
第六条 人身取引の被害者に対する援助および保護の提供
第七条 受入国における人身取引の被害者の位置
第八条 人身取引の被害者の送還

__________________________________


第一条 目的
第三条 適用
第五条 腐敗行為の防止に関する政策および慣行
第七条 公的部門
第九条 公的調達および財政の管理
第十二条 民間部門
第十五条 自国の公務員に係る贈収賄
第十六条 外国公務員および公的機関の職員に係る
第二十一条 民間部門における贈収賄
第四十二条 裁判権
第四十四条 犯罪人引渡し
第五十一条 一般規定
第五十一条一 犯罪の収益の移転の防止および探知
第五十三条 財産の直接的な回復のための措置
第五十七条 財産の返還および処分

__________________________________


第二条 違法なアクセス
第三条 違法な傍受
第四条 データの妨害
第五条 システムの妨害
第六条 装置の濫用
第七条 コンピュータに関する偽造
第十三条 制裁および措置

__________________________________


まだまだ追加される条約違反がありますので随時アップしていきます。

__________________________________


日本国の法ですと、最高法規の憲法を前提として、民法、刑法、国家賠償法が基本となり、人体操作が可能な戦争兵器の利用について触れる内容を探しましたがなかったので、国際条約の方にあった記載を使うことになると思います。その他、膨大な犯罪につきましては、宗教組織、警察組織の主体的な国際的な組織犯罪を公正に裁き、暴力団の関与も加え、正当に裁判が行えるようにまずは法廷に立てるように権利を行使することになると思います。

__________________________________


全て

特に第六十一条、第六十三条
第六十一条 警察官は、犯罪による被害の届出をする者があつたときは、その届出に係る事件が管轄区域の事件であるかどうかを問わず、これを受理しなければならない。
第六十三条 司法警察員たる警察官は、告訴、告発または自首をする者があつたときは、管轄区域内の事件であるかどうかを問わず、この節に定めるところにより、これを受理しなければならない。

__________________________________

全て

__________________________________


第八十二条 勾留されている被告人は、裁判所に勾留の理由の開示を請求することができる。
第八十四条 法廷においては、裁判長は、勾留の理由を告げなければならない。
第八十八条 勾留されている被告人又はその弁護人、法定代理人、保佐人、配偶者、直系の親族若しくは兄弟姉妹は、保釈の請求をすることができる。
第九十五条 裁判所は、適当と認めるときは、決定で、勾留されている被告人を親族、保護団体その他の者に委託し、又は被告人の住居を制限して、勾留の執行を停止することができる。
第百四十八条 共犯又は共同被告人の一人又は数人に対し前条の関係がある者でも、他の共犯又は共同被告人のみに関する事項については、証言を拒むことはできない。
第百五十一条 証人として召喚を受け正当な理由がなく出頭しない者は、十万円以下の罰金又は拘留に処する。第百七十八条 前章の規定は、通訳及び翻訳についてこれを準用する。
第二百四条 検察官は、逮捕状により被疑者を逮捕したとき、又は逮捕状により逮捕された被疑者(前条の規定により送致された被疑者を除く。)を受け取つたときは、直ちに犯罪事実の要旨及び弁護人を選任することができる旨を告げた上、弁解の機会を与え、留置の必要がないと思料するときは直ちにこれを釈放し、留置の必要があると思料するときは被疑者が身体を拘束された時から四十八時間以内に裁判官に被疑者の勾留を請求しなければならない。但し、その時間の制限内に公訴を提起したときは、勾留の請求をすることを要しない。
第二百七条 前三条の規定による勾留の請求を受けた裁判官は、その処分に関し裁判所又は裁判長と同一の権限を有する。但し、保釈については、この限りでない。
第二百八条第二百三十九条 何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。
第三百十六条 地方裁判所において一人の裁判官のした訴訟手続は、被告事件が合議体で審判すべきものであつた場合にも、その効力を失わない。
第三百十七条 事実の認定は、証拠による。
第三百十八条 証拠の証明力は、裁判官の自由な判断に委ねる。
第三百三十九条 左の場合には、決定で公訴を棄却しなければならない。
第三百四十五条 無罪、免訴、刑の免除、刑の執行猶予、公訴棄却(第三百三十八条第四号による場合を除く。)、罰金又は科料の裁判の告知があつたときは、勾留状は、その効力を失う。

__________________________________


第百二十七条 刑事施設の長は、刑事施設の規律及び秩序の維持、受刑者の矯正処遇の適切な実施その他の理由により必要があると認める場合には、その指名する職員に、受刑者が発受する信書について、検査を行わせることができる。
第百二十九条 刑事施設の長は、第百二十七条の規定による検査の結果、受刑者が発受する信書について、その全部又は一部が次の各号のいずれかに該当する場合には、その発受を差し止め、又はその該当箇所を削除し、若しくは抹消することができる。同条第二項各号に掲げる信書について、これらの信書に該当することを確認する過程においてその全部又は一部が次の各号のいずれかに該当することが判明した場合も、同様とする。
第百三十二条 刑事施設の長は、第百二十八条、第百二十九条又は第百四十八条第三項の規定により信書の発受を禁止し、又は差し止めた場合にはその信書を、第百二十九条の規定により信書の一部を削除した場合にはその削除した部分を保管するものとする。
第二百三十七条 刑事施設の長は、未決拘禁者としての地位を有する受刑者に対し、この目、第百四十八条第三項又は次節の規定により禁止される場合を除き、他の者との間で信書を発受することを許すものとする。ただし、刑事訴訟法の定めるところにより信書の発受が許されない場合は、この限りでない。

__________________________________


全て

[PR]
# by 5k1313 | 2014-04-01 00:00 | 国際条約と国内法

関連論文

2016
WIRED 脳にニセの映像を植え付ける方法、日本の科学者たちが実証する; 2016.07.22 FRI 09:00

Life/style TECHNOLOGY 3秒動画GIFで会話をする時代?
Newsweek = ニューズウィーク 31(16), 58-59, 2016-04-19

WIRED 米軍が「思考で操作できるコンピューター」を開発中; 2016.02.22 MON 16:00

__________________________________________________

2015
WIRED 「腕を動かそう」と考えるだけで義肢を動かせる、脳に埋め込む装置『ブレインゲート』; 2015.04.24 FRI 16:40

スマートフォンと動画共有サイトが変えた映像制作の形
昼間 行雄; 文化・住環境学研究所報 : しつらい 6, 3-7, 2015-03

日本語Twitterユーザーの中国人についての言説の計量的分析 : コリアンについての言説との比較
高 史明; 人文学研究所報 (53), 73-86, 2015-03

フューチャー・オブ・マインド : 心の未来を科学する
加来 道雄, 斉藤 隆央; NHK出版, 2015.2

「右翼」「排外主義」レッテル貼りに狂奔する左翼運動 (特集 反ヘイトスピーチで我が物顔 "正義"の化けの皮)
小浜 逸郎; 正論 (517), 130-139, 2015-01
__________________________________________________

2014
WIRED 「テレパシー」を科学的に実現することに成功:ハーヴァード大研究者たち; 2014.10.07 TUE 10:40

__________________________________________________

2013
センサアレイシステムによる身体技能解析(感情とコミュニケーション及び一般)
濱田 隆一, 山本 知幸, 石黒 浩; 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 113(283), 37-40, 2013-11-02

WIRED 世界初の脳間通信に成功:「マインド・メルド」; 2013.09.24 TUE 09:08

超多チャネル無線脳マシンインフェースのための超広帯域信号による体内・体外間無線伝送(ポスター講演,一般)
滝沢 賢一, 安藤 博士, 鈴木 隆文, 松下 光次郎, 平田 雅之; 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム 113(117), 1-4, 2013-07-02

遠隔技術悪用を告発する29名による実態報告
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク ; 内山治樹編, 講談社ビジネスパートナーズ, 2013.6

五感情報を活用したウェアラブルユーザインタフェース(映像/音声サービスの品質,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,次世代/新世代ネットワークアーキテクチャ,五感情報通信,一般)
寺田 努; 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ 112(414), 45-46, 2013-01-18
__________________________________________________

2012
計算論的神経解剖学からアプローチするBMIリハビリテーション「工学と脳神経科学との接点」
井澤 淳; 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 112(345), 43-44, 2012-12-05

DEW指向性エネルギー兵器の基礎知識(第6回)総括:レーザー兵器と高出力マイクロ波兵器
井上 孝司; 軍事研究 47(8), 100-109, 2012-08

脳内無線送信を目指したイメージセンサ信号のベースバンド伝送 (情報センシング)
笹川 清隆, 横田 昇吾, 松田 隆志; 映像情報メディア学会技術報告 36(31), 53-57, 2012-07

東日本大震災後の Twitter 利用傾向 : 震災関連ハッシュタグの計量的分析
村井 源; 情報知識学会誌 22(2), 97-106, 2012-05-20

脳神経科学とブレインマシンインタフェース(最先端の脳科学と集積化技術の融合)
川人 光男; 電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路 111(497), 19-24, 2012-03-19

視覚・体性感覚刺激と運動意図が事象関連脱同期に与える影響
高田 洋平, 佐伯 碧, 井澤 淳, 武田 湖太郎, 大高 洋平, 伊藤 宏司, 近藤 敏之; 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 111(482), 71-76, 2012-03-07

WIRED 日本の「発話阻害銃」が話題(動画); 2012.03.05 MON 11:37

DEW指向性エネルギー兵器の基礎知識(第1回)実用間近の指向性エネルギー兵器「レーザーの原理」
井上 孝司; 軍事研究 47(2), 102-110, 2012-02
__________________________________________________

2011
「強いつながり」と「弱いつながり」のSNS : 個人情報の開示と対人関係の比較
石井 健一; 情報通信学会誌 29(3), 25-36, 2011-12-25

災害時Twitterにおけるデマとデマ訂正RTの傾向
梅島 彩奈, 宮部 真衣, 荒牧 英治, 灘本 明代; 研究報告 データベースシステム(DBS) 2011-DBS-152(4), 1-6, 2011-07-26

__________________________________________________

2010
動画投稿サイトで付与された動画タグの階層化
村上 直至, 伊東 栄典; 研究報告バイオ情報学(BIO) 2010-BIO-23(17), 1-6, 2010-12-09

LTEの発展と将来無線技術(アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般)
中村 武宏, 岸山 祥久, ベンジャブール アナス; 電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム 110(268), 35-43, 2010-11-04

Twitterからの人間行動属性の自動抽出(「Webインテリジェンス」及び一般)
ミンテイ グェン, 川村 隆浩, 田原 康之, 大須賀 昭彦; 電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理 110(105), 19-23, 2010-06-18

遠隔技術悪用を告発する33名による実態報告
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク ; 内山治樹編, 講談社出版サービスセンター, 2010.5

Twitterにおけるコンテキストと単語の相関関係分析
荒川 豊, 田頭 茂明, 福田 晃; 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) 2010-UBI-25(50), 1-7, 2010-03-19

脳とコンピュータの融合は何をもたらすのか?
伊藤浩之; 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2010-HCI-136(9), 1-1, 2010-01-15

動画共有サイトにおける大規模な協調的創造活動の創発のネットワーク分析  ニコニコ動画における初音ミク動画コミュニティを対象として:ニコニコ動画における初音ミク動画コミュニティを対象として
濱崎 雅弘, 武田 英明, 西村 拓一; 人工知能学会論文誌 25(1), 157-167, 2010

__________________________________________________

2009
WIRED 人体へのハッキング攻撃:発達する「神経工学」とその危険性; 2009.08.03 MON 23:00

ブレイン・マシン・インターフェース データを脳へダウンロード (脳科学のフロンティア 意識の謎 知能の謎)
スティックス G.; 別冊日経サイエンス (166), 16-23, 2009-08

自動車運転場面における危険知覚の脳過程
高橋 英之, 速水 則行, 内山 祐司, 石川 悟, 大森 隆司; 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 108(480), 177-182, 2009-03-04
__________________________________________________

2008
ブレイン-マシン インタフェースの現状と将来
長谷川 良平; 電子情報通信学会誌 91(12), 1066-1075, 2008-12-01

小特集 新たなヒューマンインタフェース--脳科学の工学応用
日本機械学会誌 111(1080), 895-929, 2008-11

神々の「Web3.0」 : グーグル、ユーチューブ、SNSの先に何があるのか? : 日米総力取材/ティム・オライリーと読み解く「仮想世界」
小林 雅一; 光文社, 2008.8

WIRED マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」; 2008.07.08 TUE 22:00

10. 人として人とつながるロボット研究(<特集>ネットワークロボット最前線)
西尾 修一, 石黒 浩; 電子情報通信学会誌 91(5), 411-416, 2008-05-01

裏金によって生まれた警察組織 (特集 警察の犯罪)
宮崎 学; マスコミ市民 (471), 2-7, 2008-04

「架空の事件」見抜けなかったメディア えん罪・志布志事件(上) (特集 警察の犯罪)
浅野 健一; マスコミ市民 (471), 28-35, 2008-04

警察庁の「取調べ適正化指針」では、何も変わらない (特集 警察の犯罪)
原田 宏二; マスコミ市民 (471), 8-17, 2008-04

WIRED 「心を読み取るシステム」:脳にある視覚情報の解読に成功; 2008.03.10 MON 22:00

ソーシャルブックマークに基づく情報発見
百田 信, 伊東 栄典; 電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ (DEWS 2008), 2008-03

ブレイン・ネットワークインタフェース
川人 光男; 電子情報通信学会誌 91(2), 123-130, 2008-02-01
__________________________________________________

2007
遠隔存在感メディアとしてのアンドロイド・ロボットの可能性
坂本 大介, 神田 崇行, 小野 哲雄, 石黒 浩, 萩田 紀博; 情報処理学会論文誌 48(12), 3729-3738, 2007-12-15

遠隔操作型コミュニケーションロボットとのインタラクションにおける印象評価
山岡 史享, 神田 崇行, 石黒 浩, 萩田 紀博; 情報処理学会論文誌 48(11), 3577-3587, 2007-11-15

Brain-Machine Interface (BMI)研究開発のための倫理とガバナンス : 日米における取り組みの現状と将来展望(一般(高次機能),脳インタフェースの技術と応用,一般)
福士 珠美, 佐倉 統; 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 107(263), 59-62, 2007-10-11

WIRED 実現に向かう「指向性エネルギー兵器」; 2007.09.05 WED 22:00

精神保健指定医の措置入院要否判断に影響する因子について--措置入院に関する診断書のロジスティック回帰分析による検討 (特集 触法精神障害者のアセスメントと治療)
瀬戸 秀文, 藤林 武史, 吉住 昭; 臨床精神医学 36(9), 1067-1074, 2007-09

Vocoderのもう一つの可能性を探る : 音声分析変換合成システムSTRAIGHTの背景と展開
河原 英紀; 日本音響学会誌 63(8), 442-449, 2007-08-01

Web進化に伴う情報の透明性と信頼に関する考察
吉開 範章, 山岸 俊男; 情報処理学会研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC) 2007(71(2007-CSEC-038)), 79-86, 2007-07-19

五感情報通信技術(<特集>感覚情報技術)
廣瀬 通孝; バイオメカニズム学会誌 31(2), 71-74, 2007-05-01

3.脳科学への期待(<創立90周年記念特集>時代をひらく電子情報通信技術-技術がもたらした変革,そして更なる飛躍-)
甘利 俊一; 電子情報通信学会誌 90(5), 345-349, 2007-05-01

携帯型感覚情報通信における可触化技術の開発動向 : 非ベース型触力覚インタフェース'GyroCube'について(<特集>感覚情報技術)
中村 則雄, 福井 幸男; バイオメカニズム学会誌 31(2), 90-94, 2007-05-01

肉伝導人工音声の変換に基づく喉頭全摘出者のための音声コミュニケーション支援システム(肢体不自由・コミュニケーション補助,<特集>情報福祉論文)
中村 圭吾, 戸田 智基, 猿渡 洋, 鹿野 清宏; 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム J90-D(3), 780-787, 2007-03-01
__________________________________________________

2006
事例(1) : 初期視覚野機能のfMRI画像からのデコーディング(映像情報メディアにかかわる脳科学研究,<小特集>視聴覚・脳とメディア)
神谷 之康; 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア 60(11), 1731-1734, 2006-11-01
__________________________________________________

2005
科学技術 強いばかりが能じゃない--非殺傷兵器の現状と今後
山本 紀義; 波涛 30(5), 83-97, 2005-01

「デジタルアーカイブ」とはどのような行為なのか
師 茂樹; 情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH) 2005(51(2005-CH-066)), 31-37, 2005-05-27

__________________________________________________

2004
国際刑法の国内法化について
Werle Gerhard, 葛原 力三; ノモス 15, 57-65, 2004-12-25
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004721577http://ci.nii.ac.jp/naid/110004721577

WIRED 人の感情や能力を常時監視するシステム; 2004.02.02 MON 01:00

ウェアラブル嗅覚ディスプレイによる匂い場の生成・提示(<特集>五感情報インタフェース)
横山 智史, 谷川 智洋, 広田 光一, 廣瀬 通孝; 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 9(3), 265-274, 2004-09-30

人体を伝送路として利用したウェアラブル送受信機の信号伝送状況の計算モデルに関する検討(アンテナ設計技術)(<特集>ワイヤレスパーソナル通信におけるアンテナ・伝搬の最新技術論文特集)
藤井 勝之, 伊藤 公一, 田島 茂; 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 J87-B(9), 1383-1390, 2004-09-01

裏金警察の犯罪
しんぶん赤旗取材班; 新日本出版社, 2004.8

簡易な入力装置を用いたヒューマノイドロボットの全身遠隔操作システム
Sian Neo Ee, 横井 一仁, 梶田 秀司, 金広 文男, 谷江 和雄; 日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan 22(4), 519-527, 2004-05-15

2ちゃんねるが盛り上がるダイナミズム
松村真宏, 三浦麻子, 柴内康文, 大澤幸生, 石塚満; 情報処理学会論文誌 45(3), 1053-1061, 2004-03-15

__________________________________________________

2003
ウェアラブル映像の構造化と要約 : 個人の主観を考慮した要約生成の試み
相澤 清晴, 石島 健一郎, 椎名 誠; 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 J86-D-II(6), 807-815, 2003-06-01

検察調書があかす警察の犯罪 : 神奈川県警覚せい剤事件つぶしの記録
警察見張番; 明石書店, 2003.6

ウェアラブル日記の実現に向けて : 日常記憶の検索・編集・整理・共有機構
河野 恭之, 河村 竜幸, 上岡 隆宏, 村田 賢, 浮田 宗伯, 木戸出 正継; 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 102(554), 55-60, 2003-01-09
__________________________________________________

2002
ユビキタス環境に向けたインターネットアプリケーションプラットホーム
南 正輝, 杉田 馨, 森川 博之, 青山 友紀; 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 J85-B(12), 2313-2330, 2002-12-01

ビットレート制限下における動画像通信のための最適フレームレートの推定
稲積 泰宏, 吉田 俊之, 酒井 善則, 堀田 裕弘; 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 J85-B(7), 1130-1142, 2002-07-01

__________________________________________________

2001
ヒューマノイドロボットの開発意義と応用可能性について
谷江 和雄; 電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 101(157), 43-50, 2001-06-22
__________________________________________________

2000
サイバースぺースという劇場が生む犯罪--インターネット犯罪と劇場型社会 (劇場型社会) -- (劇場型犯罪)
山本 徹美; 現代のエスプリ (400), 200-209, 2000-11

劇場型社会をつくるマスメディア (劇場型社会)
現代のエスプリ (400), 92-119, 2000-11

劇場型犯罪 (劇場型社会)
現代のエスプリ (400), 171-209, 2000-11

IE2000-23 / PRMU2000-48 / MVE2000-52 個人体験映像の構造化と要約 : 生体情報を用いた映像要約によるライフメディア
石島 健一郎, 椎名 誠, 相澤 清晴; 電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学 100(179), 51-58, 2000-07-06

警察の不祥事と教育の重要性 (特集 国家公務員倫理法のおかしさと警察の刷新)
衛藤 瀋吉; 季刊現代警察 26(3), 4-12, 2000-03
__________________________________________________

1999
公安警察の犯罪 : 新左翼『壊滅作戦』の検証
小西 誠, 野枝 栄; 社会批評社, 1999.11

大都市の措置入院 : 救急措置入院の展開と基準
西山 詮; 精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica 101(9), 727-736, 1999-09-25

インターネットを利用した遠隔操作システム
原 功; 日本ロボット学会誌 17(4), 477-480, 1999-05-15

センサ通信網端末としてのウェアラブル情報機器
板生 清, 苗村 潔; 情報処理学会研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL) 1999(13(1998-MBL-008)), 15-21, 1999-02-05

骨導超音波聴覚の検討
阪口 剛史, 渡辺 好章, 細井 裕司, 今泉 敏, 外池 光雄, 定藤 規弘, 村田 清高, 米倉 義晴; 電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波 98(530), 9-16, 1999-01-22

複数選択処理を用いた静止画像の脳内表現
福井 基文; 映像情報メディア学会技術報告 23(74), 1-6, 1999-11-20
__________________________________________________

1998
全方位画像からの視線追従型実時間画像生成によるテレプレゼンス
山澤 一誠, 尾上 良雄, 横矢 直和, 竹村 治雄; 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 J81-D-2(5), 880-887, 1998-05-25
__________________________________________________

1997
衛星搭載ロボットアームの遠隔操作模擬実験 - 通信時間遅れや通信容量制約等の環境を模擬した実験 -
小田 光茂; 日本ロボット学会誌 15(4), 581-589, 1997-05-15
__________________________________________________

1996
人の直観的動作を利用するマイクロロボット群の遠隔操作システム
長谷川 公明, 佐藤 知正, 野原 健美, 松井 照幸; 日本ロボット学会誌 14(4), 567-573, 1996-05-15
__________________________________________________

1995
情報文化における広告の役割
青木 智子; 情報文化学会誌 2(1), 25-32, 1995-10

神経情報処理モデルに基づく運動関連脳電位の準備性成分分離計測
鈴木 保巳, 渡邉 貴子, 松本 秀彦, 鮫島 宗弘; 脳波と筋電図 : Japanese journal of electroencephalography and electromyography 23(1), 17-24, 1995-01-31

2. テレパシー通信 : 超常現象に科学のメスが.テレパシーは夢の通信になり得るか?(<特別小特集> 夢)
関 英男; 電子情報通信学会誌 78(1), 10-15, 1995-01-25
__________________________________________________

1994
生体の生理や機能をみる : 生体情報の新たな可視化技術 (<小特集>見えないものを"みる"-1)
宮川 道夫; 電子情報通信学会誌 77(7), 706-712, 1994-07-25
__________________________________________________

1993
触覚の工学的表現とその応用 (<特集> 感覚と運動 2. 感覚と運動の工学的表現 2-4)
木下 源一郎, 谷江 和雄; 電子情報通信学会誌 76(11), 1216-1221, 1993-11-25
__________________________________________________

1992
神経情報工学とエレクトロニクスとりわけ電子回路との関係
八木 寛; 電子情報通信学会誌 75(9), 916-920, 1992-09-25

検察官 矯正施設長通報による措置入院者の治療について
中谷陽二; 精神経誌 94, 1099-1104, 1992
__________________________________________________

1991
__________________________________________________

1990
__________________________________________________

1989
__________________________________________________

1988
共産党幹部宅盗聴事件付審判請求棄却--警察の犯罪を裁かない司法の視野狭さく
朝日ジャ-ナル編集部; 朝日ジャ-ナル 30(12), p87-90, 1988-03-25
__________________________________________________

1987
公安警察の"犯罪"には目をつぶった検察の法と正義 (共産党幹部宅盗聴事件ドロ色決着)
鈴木 敏; 朝日ジャ-ナル 29(38), p6-11, 1987-09-11


[PR]
# by 5k1313 | 2014-04-01 00:00 | 関連論文