ブログについて

最先端の「化学」ではなく「科学」。それに「工学」と「医学」の最新技術を悪用した、テクノロジー技術(もはや完全に兵器と言えるもの)が使用され、「無意識化に介入」され、「人体操作される」だけでなく、「24時間365日体制で睡眠をも攻撃され、直接的に人体攻撃」が行われる、「一時的な怪我」「ガンまで発症させることができる」「脳や心臓を攻撃して一瞬で殺害することもできる」、「地球の裏にいる標的にも攻撃が可能な衛星のような遠隔技術」が使われる、「ミリ・コンマ」という精度で犯行が実現する「国家のトップレベルの技術、規模、資金が投入されて実行される国際的な組織犯罪」です。


被害者組織が発刊している本

1 テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
2 集団ストーカー認知・撲滅


被害者組織
*どの団体も右翼のような街頭宣伝活動をやっているようです。
*この犯罪は「国際条約、国内法においても戦争兵器の民間人への利用はすでに禁止されている」ため街頭宣伝など行う必要はありません。2011年あたりからどの団体も街宣活動を開始しているようです。被害者を危険人物、精神病院への強制措置収容への誘導が容易になる流れを自ら作っている点が不可解な団体、行動になります。(だからと言って一人で行動すると、そんなことはあるわけないだろ?頭おかしいんじゃない?と同じ誘導から強制措置入院されます。つまり、どちらにしても強制措置入院される。というのがこの犯罪の被害者の道になります。これからもわかる通り、その決断を下す、○察および監●医、検◎が、この犯罪に主体的に関わっている可能性があるということがわかると思います。)

1 NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク
  公開映像資料
2 非営利団体 組織ストーカー電磁波犯罪被害の会
  公開映像資料
3 集団ストーカー 防犯パトロール ACP
  公開映像資料
4 日本が危ない カルト集団を根絶する会
  公開映像資料
5 集団ストーカー 被害者の会
  公開映像資料
6 全国被害者 - テクノロジー犯罪・集団ストーカー リンク集


似たような犯罪について告発する被害者団体以外の人
*劇場型特殊詐欺の手口と似た演出になっています(マッチポンプ、自作自演、本末転倒)
*この組織犯罪の悪質性がここからもわかります

1 創価学会の集団ストーカーを 国会で追及する亀井静香
2 矢野絢也氏「僕が創価学会を訴えた理由」 その①
3 警察の裏金問題を死をも覚悟して告発!!愛媛県警の元警察官、仙波敏郎氏大いに語る!
4 2015.2.14 大河原宗平大阪講演会~警察が何故集団ストーカーをするのか?~【 前編】


この犯罪被害者が置かれる状況
1  恋人との離別工作
2  友人との離別工作
3  家族との離別工作
4  学校、職場での集団ハラスメント
5  退学、退職へと追い込む
6  所属先、家での孤立化
7  完全孤立化
8  一気に集中的に犯行を悪化させる(9で知らされない場合ここで自然◯扱いで◯害されます)
9  犯罪被害をあえて知らせる(これでこれまでの人生における不幸の連続、不可解な出来事の連続の理由が判明します)
10 絶望と恐怖に叩き落とす
11 国内の適所へ被害届、救済の申し出に行く
12 全ての場所で拒否される
13 弁護士まで集団ストーカー行為に参加する
14 冤罪によって書類送検、留置が行われる
15 犯罪が継続出来なくなるので、実刑を与えず不当に勾留を延長し、結果釈放し、そのまま強制移送して強制措置入院を行う
16 人生の貴重な時間を奪われる。もちろん仕事もこれで失う。
17 完全に社会的に抹殺される
18 再就職が永遠に完全妨害されアルバイトさえ書類が通らない
19 たとえ学歴があっても1つも受からない
20 充分な職歴があっても1つも受からない
21 ただ生きてるだけの状態に陥れ、犯罪を継続し24時間遠隔技術によって人体攻撃を続ける
22 生活の中で偶然に偶然が重なる手口で犯行を永遠に続ける
23 いつ、どこに行っても、必ず◯トカー、◯急車、◯防車、◯リ◯プター、◯◯官が目の前に1日複数回登場する
24 また、待ち伏せしている◯◯官が◯務質問を繰り返す、恫喝する、背後から自宅までつきまとう
25 これらの全過程で「テクノロジー犯罪による冤罪の誘導」「きっかけ」が作られます(事故◯や自然◯扱いで最終的には◯害されます)


というようなプロセスが状況が悪化を繰り返します。
特に、学校・職場・実家での連続する集団ハラスメントと孤立化工作が連動し、全てを奪う。ということが最初に行われます。

これがこの「今世紀最大の国際的な組織◯罪の概要」です。


[PR]
by 5k1313 | 2014-04-01 00:00 | ブログについて